<%@ Language=JavaScript %> 株式会社 山十 垣根いろいろ 竹 竹製品 庭園用品 日本庭園

垣根いろいろ 

   販売価格は別途お見積り、お気軽にメールまたはファックスにてお問い合わせ下さい
                       お問合せフォームこちら>> FAX:03-3788-4812
  

建仁寺垣 御簾垣

建仁寺垣は京都市東山区大和大路四条下ルにある臨済宗の寺、建仁寺に、縁のある垣根である。 昔この寺で廃物となった板塔婆を利用しこれを立子としてつくった垣なのでこの名がうまれたとか、或いは古来多く生じていた竹を割ってつくったとか説は、いろいろあるが確証は無い。

すだれを垂れ下げたような感じのものを、古来呼ばれるが、すだれ垣(簾垣)ともいう。品の良いもの、野趣のあるもの、本格のもの、崩しもの、いくらでも材料とその取り扱い方を替える事によって表現が自由である点を特徴とする。仕切垣、目隠垣、袖垣、何にでも適当する。

桂垣 大津垣

京都の桂離宮にある垣根をさし、これを本歌(オリジナル)として各地にその写しが出回っており一般的にも馴染み深い竹垣である。

胴縁にマダケの細割を編みつけた網代垣の一種。

 

竹穂垣 萩垣

竹穂を立てて使い、これを一般に立ち上がりと呼ぶ。 竹穂のかわりにクロモジを使うと無双垣となる。

柴垣の一種、クロモジやエゴなどの雑木の枝を胴縁に立ち上がりにかきつけた垣、穂垣の一種にもなる。萩のもつ独特なしなやかさを生かした垣。

蓑垣 木賊垣(とくさがき)/木賊塀(とくさべい)
材料に由来するものでなく外形から来たもの、すなわち蓑の如くに枝や穂の先端が下向きに垂れたような形となるものである。蓑垣の特徴は、外側から押縁をつけない。

これは、割竹の付け方から来た名称で、庭垣としてはかなり太い丸竹を二ツ割とし、これを胴縁(竹または小割材)に結び止めとする。竹と竹の間をすかせない為、1本おきに竹を逆さに使い、表面に押縁を用いずイボを表す。
 また割竹を使って上の框(かまち)と下の框と中間の胴縁(胴貫)に釘止めとし表面に縄を少しも見せないのが木賊塀で、最上部に笠木、最下部に土台がくる高級の塀である。

立合垣 鉄砲垣

立子は1本の木竹ではなく、萩、黒もぢ等の枝を或る太さの丸棒にまとめて結束し穂先を少し開き加減としたもの これを胴縁に結びとめる、立ち合わせるので立合垣という(松明垣ともいう)。写真は割竹を使用している。

比較的太い丸竹を割らずにそのまま立子として上部は節止め、表面もしくは裏面に、胴縁と正しい直角線上に節の芽を現し胴縁の前面に一列或いは胴縁を挟んで表裏に数本等種々交互に立てるものの2種類がある。1筋の胴縁に表裏に結ぶのを特に「鉄砲づけ」と呼んでいる。

あやめ垣 ひしぎ垣

立子を胴縁に鉄砲づけとする。押縁を用いず、立子のかきつけは、わらび縄で綾取り風に縄がけする。かきつけた縄が綾模様に見える事からこの名が生まれたといわれる。

丸竹を押しひしいで平板にした材料を立子にするところからひしぎ垣と呼ぶ。

 

駒寄せ(犬矢来) 光悦寺垣
人畜の寄り付きを避けるため塀や壁に平行に設ける低い柵あるいは、垣、建物の腰や塀を保護するために設けるもので壁や塀のまわりに寄せて作る低い垣根をいう。駒防ぎ、駒除けなどとも呼ぶ。 京都光悦寺にある垣根だからついた名称と言う事だろう。 竜安寺垣によく似る組子は幅せまい平らな割竹と肉を併せて1枚と考えこれを斜めに交叉させる。玉縁は幅せまい割竹で束にする。裾は表裏太い丸竹の2つ割で挟む、組子の交差毎にワラビ縄でイボとする。
金閣寺垣 銀閣寺垣
京都、金閣寺にあるものによる、極めて簡単な構造で誰にでも手製で出来る。手摺代用の低い区画用に造るならば良いと思う。 京都銀閣寺の入り口に石積みの上に見られるものが本歌である。
矢来垣(ヤライガキ) 四ツ目垣
単に矢来ともいう。元来仮囲いの場合につくるもので一時的応急の柵として昔から知られている。刑場の竹柵は矢来垣である。ヤライは「遣ひ」で「入るを防ぐ」の意、戦国時代には、城塞の前などに竹、木、芦、萱の類をつかい応急につくったことがある。 四ツ目垣は随分古い時代からあったとみえ、平安時代や鎌倉時代の絵巻物などにその原形的なものが見受けられる。胴縁と立子によって四ツ目の格子ができるところからこの名がついたと思われる。
竜安寺垣(りゅうあんじがき) 沼津垣

京都の西山に竜安寺という寺がある。名園を似って天下に名の響いた寺だがその石階段参道の両側にある。

立子となる材料を斜めにして組み合わせ、いわゆる網代型に編むもの、編み垣の一種である。沼津地方に今日でも多く見られ同地方の郷土風景をなしている。 この形式は、古くから見られるものである。簡単な形は「拾遺古徳伝」に縁先袖垣として示され、法然上人行状絵巻物の図にも示されている。鎌倉時代の絵巻物にも見る事が出来る。本来網代垣が正しい。

▼その他、松明垣、鎧垣、檜皮垣、時雨垣、ななこ垣、等がある。

   販売価格は別途お見積り、お気軽にメールまたはファックスにてお問い合わせ下さい
                       お問合せフォームこちら>> FAX:03-3788-4812
 

株式会社 山  十  (やまじゅう)
〒142-0063
東京都品川区荏原4−14−19
TEL    03−3781−4577
FAX      03−3788−4812
お問合せフォームこちら>>